ユーロ通貨は少しの現金を日本で両替する事です

ユーロの両替は、日本では銀行がお得に日本円からEU通貨が手に入ります。ヨーロッパの現地での場合には、多数の両替専門店があります。特に観光地で有名な場所には、夜遅くまで外貨を取り扱う業者が営業を行なっています。換算レートは、銀行のレートをベースに行う事が通常ですが、手数料が多く含まれる業者も中にはあります。一般的に空港での両替方法は、換算レートが悪くなっています。ですからヨーロッパ旅行前にユーロを円から手にする事です。近頃ではクレジットカードの普及やデビット機能のあるカードでの現地通貨の引き出し方法が行なわれています。これも利用した時の仲買レートに手数料を含んだ換算レートで、日本円で請求をされます。レートの良い時期にユーロを現金で、少し持っておく方法が便利です。何故ならば、チップの支払いや小さなショップでは、現金が便利な支払い方法になるからです。その為にレートの有利な時期に外貨通貨を手にする事です。

格安でユーロに両替するには

為替市場の情報を知らせるニュースなどでは、必ずと言っていいほど米ドルとユーロの動きが報じられます。そのため、普段から気を付けていれば、今、ユーロがどの程度の値段をつけているかということは、比較的容易にわかるでしょう。そのため、ユーロ圏に旅行や出張で行くのであれば、円安になったところを狙って両替をするのが得策です。ただし、どこで替えるかによって手数料が変わってきますので、せっかく円安になったのでラッキーと思っても、思わぬ金額の手数料にびっくりということも起こりかねません。昨今、外貨の両替先としてFXと呼ばれる外国為替証拠金取引を行っているインターネットトレードサイトが注目されています。そもそも外貨を取り扱っているため、格安の手数料で替えてくれるからです。これを知っているといないでは、大きな差がつくのは間違いありません。

お得なユーロの両替の方法

ヨーロッパに旅行するには、両替が必須になります。しかし、銀行で両替をする時には、手数料がプラスされることを忘れてはなりません。1ユーロあたり、約6円の手数料がプラスされるため、替えれば替えるほど、たくさんの手数料を払うことになります。最も手数料を安く両替する方法としては、FX業者を利用するのが一番でしょう。1ユーロあたり約20銭と、銀行よりも手数料がかなり安く設定されています。もちろん、口座を開くまでの様々な手続きが面倒ではありますが、一度開いてしまえばいつでも利用できるので、頻繁にヨーロッパに旅行する人には最良の方法と言えるでしょう。FXで1000ユーロ替えると、5000円以上も銀行との手数料に差額がでるので、おいしいものを食べたり、欲しい洋服や雑貨を買うなど、有意義に使うことができます。